...I thank you...

tomyu☆の毎日。
〜夫婦・子育て・仕事・お洒落・読書という日常〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ぐうたらしてます。
朝からずっと、のんびりしてます。
マイペースってこのペースか、って思う。

朝のニュースを横目に、お布団の中でぼんやりして。
気が向いたときにむくりと起きて、やっと窓の外のお天気を感じて。
「ああこんなに晴れてるなら動かなきゃ損かなあ」とおもむろに掃除し始めて。
でも結局窓から晴れた空を見て、光を感じて、やっぱりのんびりしようって思う。
化粧だけして、スウェットのまままた本を読んで、インターネットをして。
特におなかはすいてなくとも、甘い物は欲するから、あるもので補って。
ふっと、また空を見れば、時間がたったことを教えてくれる。
で、今。
またこうしてブログに向かってる、あたし。

空の様子と、体内時計だけですごしたい。
これって、わたしの理想だなあ。
年寄りみたい?
でも、いいんだ。
わたしにぴったり、だと思うから。

オシャレも好きだけど、気の抜けたのも大好き。

なんて、あたしってばニートってヤツに向いてそう。笑

でも思い返せば、学生の頃から、ううん、学生って言っても中学生とかうんと前からだけど、わたしって休日をこういう風に使っていたな、って思う。
高校生の頃か、恋をするようになってから、やっと身なりに構いだしたけれど。
ひとりの時間が大好きで、本やマンガを一日中読んで、空を見て生活して。
集団の生活に合わせられなくて、よく怒られたっけ。

変わってないな〜、わたし。
それから大学生、社会人になっても、そのスタンスが変わってない。
さすがに、夜遊びは少なくなったけど。
その夜遊びだって、自分から出て行くわけじゃなかったから、きっと性には合ってなかったと思う。

オールで飲むくらいなら、終電で帰ってちゃんと寝たいし。
クラブとか、ライヴとかでっかい音は怖いし。
合コンには憧れるけど、別に自分からその機会を作る気はないし。

でも、気の置けない女のコたちとの飲みは大好き。
男のコとサシで飲むのも、好き。
甘やかな部分があるのもいいし、別になくたっていいけど。
そこに流れるほっとするような楽しさは格別だよ、とっても。

でもまあ、なんたってだ-りんがいるからね。
比べる時限がちがうからアレだけど、だ-りんよりも格別なものってきっとない。
わたしは「おやすみ」って言い合って、ぬっくりとお布団で眠りに落ちるその瞬間が、一番好き。
その瞬間は、心地よさはもちろんだけど、なによりもだ-りんが愛しくなる瞬間でもある。
くしゃくしゃしたちょっと湿った柔らかな髪、トクントクンとなってる胸、ちょっと高い腕枕。
そこにちっちゃくくるまって眠るんだ。

今日も、その時間が楽しみ。

あっ、その前にヨガ行くんだけど。
あ、その前にお米とぐんだった。

。。。こうしてもう、窓の外は夕方を教えてくれてる。



JUGEMテーマ:日記・一般
 
【 Diary 】 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>