...I thank you...

tomyu☆の毎日。
〜夫婦・子育て・仕事・お洒落・読書という日常〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
エロスのお作法
評価:
壇 蜜
大和書房
¥ 1,260
(2013-04-12)

檀蜜さん、女性としてその存在が気になりませんか?
別にすっごいファンとか、そういうんじゃなくても、
テレビに出た時に見る、あのゆったりとした”檀蜜時間”というか、
動きがゆっくりで、言葉遣いも丁寧で、おっとりしゃべるあの感じ。
エロっていうか、普通に素敵じゃないですか?

あの雰囲気だから、何を言うんだろうって耳をつい傾けちゃうし。
ベラベラしゃべらないからこそ、あの壇蜜さんの表情が生きていると思う。

頭、いいんだろうけど。

そんな感じで気になって、「へー、檀蜜って本書いてるんだ」って思って買ってみたのがこちら。

「エロスのお作法」って言っても、タイトルがただ過激にしてあるだけで、
内容は檀蜜さんがこれまでの経験から得た”こうなんじゃないかしら?”って男女のイロハ本。
恋愛指南っていうよりかは、”よかったら役立てて”みたいな。
押し付けてない感じの優しさがあります。

だから「え〜それってどう?」っていうのもあれば、
「あー分かる、そうだよね〜」っていうのもあるし。
「わかっちゃいるけど、やってないね〜」って反省するところも多々あり。

男性を喜ばせることに素直な壇蜜さんを、ちょっと尊敬。

あたしはグラビアでもないし、そういう男性相手の仕事をしてないけど。
それでも世界の半分はオトコだし、喜んでもらうためのコツっていうかポイントは知っておいても損はないよね。

男性に張り合うんじゃなくて、甘えて頼りながらも、たくましく生きる。
蝶々さんのもそんなこと言ってたような。

現代に生きる女性だからこそ、エロスのお作法は知っておいたら生きやすくなるのかも。

案外さらっと読めるので、おすすめです。



JUGEMテーマ:読書
【 Book 】 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>