...I thank you...

tomyu☆の毎日。
〜夫婦・子育て・仕事・お洒落・読書という日常〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
下ネタの品格
ふっと本屋に立ち寄って、つい手にとってしまった本。笑

男友達と飲んだり、一緒に帰ったりすることが多かったせいか、学生の頃からたまに振られる下ネタ。
純情ぶって怒ったり、恥ずかしがったりもなく、ただ素直に応じてたな〜。
結構オープンに答えてたし。
それが、女心を知るって面で男友達の役に立ってるんだろうし。
もちろん、あたしにとってもだけど。

内容の中で、男の草食系が増えてるとか、女のワイ談の方がすごいとかあったけど。
そうなんだよね、実際。
自分がロールキャベツ女子だからなのか←
ぐいぐいくる、またはガツガツしてるメンズって、自分と比べてもやっぱ少ないと思う。
性に対して淡白な男って、セクシーじゃないし。
ロマンスも生まれないじゃん!って思う。

当たり前に女同士のワイ談は、男には絶対聞かせられないし。笑
引かれること、間違いなしww
100年の恋も冷めるでしょうね( ̄▽ ̄)w
少なからず男は女に夢みたいもんだろうしね。


下ネタの品格というタイトル通り、文学を通して、歴史を通して、またその人の価値観を通して、性の流れや下ネタを考えることのできる本。
男女や、性について関心があったり、小説とか読解するのが好きな人にとってはツボだと思います!
わたしはかなり楽しめたし、「へ〜!」って箇所がいくつもあって面白かったよ。


ぜひ、なにかの片手間に( ´ ▽ ` )



JUGEMテーマ:読書
【 Book 】 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>