...I thank you...

tomyu☆の毎日。
〜夫婦・子育て・仕事・お洒落・読書という日常〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
はじめてのホ・オポノポノ
評価:
イハレアカラ・ヒューレン,カマイリ・ラファエロヴィッチ
宝島社
¥ 1,404
(2014-09-24)

 

ちゃす!

tomyuです(*´ω`*)

 

 

去年の秋から、秋の花粉症デビューしたようで・・・

今年も昨日くらいから鼻水がだらだです(´Д`)

 

 

ひどくなっていた肌荒れは、

一ヶ月半前くらいから漢方を飲み始めたら良くなってきました☆

 

自律神経を整えるって大事だね〜

おでこにだけ広がるニキビ、できにくくなったし、悪化しなくなったよ!

 

 

 

 

 

さ、ところで。笑

 

ホ・オポノポノ。

 

 

前から知ってはいたけれど、

半年くらい前から、また気になり始め・・・

 

気になる本から読んでみています。

 

 

その中でも、わかりやすくて、日々に落とし込みやすいかな?

と思ったのが、このはじめてのホ・オポノポノ!

 

 

昔から、

「ありがとう ありがとう 感謝します」

を、事あるごとに繰り返し唱えていたのだけど。

 

それがクリーニングになっていたのかも!と思います。

 

「ありがとう ごめんなさい 許してください 愛しています」

これも唱えながら、湧き出てくる思考や感情に対してクリーニングしている今日この頃。

 

 

クリーニングがどうとか、

ホ・オポノポノがどうとか、

ハワイがどうのとか・・・

 

は、全然よくわかっていませんが、

とりあえず、とにかく、実践してみているところ(^O^)

 

 

わたしは、期待を持ったり、くよくよしたりもするんだけど、

最近になって「あ、これをクリーニングするってことか!」と

唱えるタイミングがだんだんわかってきました。笑

 

 

心地よいから続けてみまする♪

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:スピリチュアル

【 Book 】 comments(0) -
幸せな人だけが知っているシンプルな生き方

こんばんは!

tomyuです.





今回は,わたしが読みたい本の紹介です*







一昨年,去年と参加させてもらっている冬至の瞑想会.

(参加当時ブログにも書いたので,体験記を読んだ方もいるかな?)



その中心になっているのが,鈴木真奈美さん.





その存在をkeikoさんのブログで知ってから,すっかりファンに!

ブログを毎日読み,本を集め・・・



初めてなにかを得るために,瞑想会へ参加した.

こういう会に参加すること事態が初めてで.



行動しよう,なにかしよう,そう思わせてくれた真奈美さん.





だからこそ,新刊である「幸せな人だけが知っているシンプルな生き方」も,

地元の本屋さんにてすでに予約済み.



入荷を楽しみにしているところなんです^^













そんな本の目次の一部を,公開してくれています*



◆1章:あなたに幸せを運んでんくる、シンプルライフ

    幸運は余白に運ばれてくる




・もっと自分中心の時間割のほうがうまくいく

・「しなくてはいけないこと」はなにひとつない

・心安らぐ生き方  重荷を背負ってがんばらない

・「わがまま」と「自分を大切にすること」の違い

・モノ(能力・お金)や時間に縛られない生き方

・最大の制限をかけているのは、あなた自身

・一日の流れを決めるオセロ的習慣

・あなたを幸せにする、モノとのつき合い方

・モノが捨てられない理由

・理想の部屋から、「今」をつくる

・モノ=自分の価値ではない

・キティちゃんのシールが教えてくれたこと

・ドラマからわかる「豊かな波動」と「貧しい波動」

※[コラム]:「開運部屋」のつくり方 

・好きなものだけに囲まれて生きていく

・幸運は余白に運ばれてくる

※[コラム]:枠を外すシンプルな方法  〜セルフイメージにはステージがある〜





◆2章:人生は手放すほどに、うまくいく

 増えすぎる情報と、賢くつき合う




・あなたを悩ませるその人は、大切な人ですか?

・心を癒やす「真っ白なひとり時間」の過ごし方

・人からのアドバイスは、こうして上手に役立てる

・目に見えることだけに振り回されない、心の持ち方

・受けた影響を浄化する、効果的な方法

・あなたの投資、間違っていませんか?

・頑張っているのに、日常が変わらない人に足りないこと





◆3章:好きな人ばかりに囲まれて、生きていく

  あわない人にあわせるのは、命の無駄遣い




・「前提」を変えると、スッキリ軽やかに生きられる

・小さいことで人に合わせて、大きなものを失ってはいけない

・「人からどう思われるか」という不安が、問題の9割をつくっている

[コラム] 自分軸をブレないようにすると、頑固になる気がする?!

・あわない人にあわせるのは、命の無駄遣い ご縁には旬がある

・「違って当たり前」は、魔法の言葉

・人のために自分を犠牲にしない

・親のプレッシャーが重い時には

・エネルギーを吸う人には近寄らない





◆第4章 すべてが思い通りにいく人、いかない人

 「あの人を変えたい」と思った時に、一番効果的な方法




・32歳までに結婚しなかった人は、今後も結婚できない?!

・いつも同じパタ―ンのトラブルや別れになる…と思った時には

・「あの人を変えたい」と思った時に、一番効果的な方法

・イラッとしたら、まずは「そうだね」とひと呼吸

・「白いカラスがいてもいい」という心のゆとり

・なぜか、何をしても許される人、愛される人は、ここが違う

・世の中の壁は、あなたの心の壁から崩していく

[コラム]人生はゲームのようなもの





◆5章:何があっても、宇宙はあなたを困らせない

   「私はきっと大丈夫」と決めると、未来は動きだす




・ピンチやトラブルが起きる3つの理由

・大切なモノを失うのは、大きな幸運が舞い込むサイン

・奇跡を起こす祈りの力

・過去の悲劇に引きずられない

・心の奥にある感情と向きあう方法 

・イラッとする相手には、「ポジティブな上から目線」で

・新しいことを始めると、もれなく「恐れ」はセットです

・許せない人がいる時の心の持ち方 





◆6章:自然と豊かな人生を引き寄せる習慣 

 何も足さずに、毎日をていねいに生きること




・幸運の流れに乗るシンプルなコツ 100%以上になろうとしない

・自然と豊かな人生を引き寄せる問い

・感謝することが、幸せそのもの

・いきづまったら、宇宙に想いをはせてみる

・「ここではないどこか」を探してしまう人へ

・手にいれたものは循環させていく

・幸せのお手本なんて、必要ない

・人生において、本当に大切なもの



終わりに:何かひとつを手放すと、ずっといいものが入ってくる











シンプルに生きるって,簡単そうで難しい.



自分の軸を大切にするって,本当に意志がいるから.







28歳のいま,振り返ってみて思うのは,

現状に振り回されて,考えることをやめていた時期があったなということ.



今でさえ,ぶれるし,ゆらぐし,もろい.

そんな自分を責めたりもする.



どうしようもない,通り過ぎた過去を,

悔やんで前に進めていなかったり.



むしろ,それに気づいていなかったり.







いつだったかな?

真奈美さんのブログを読んで,

自分のことを振り返って1時間,自分の中身をノートへ書き出した.



わたしはなにを悲しいと思っているの?

なにに引っかかっているの?

何を悔やみ,その時に何を感じていたの?





泣きながら,ひとり,ベッドの上で見つめあった.





見ないようにしていた,

考えないようにしていた,

触れないようにしていた,過去の出来事や思い.







それを書き出した.

泣きながら,書き出した.





ただ,それだけでも.

これまでの自分はやろうとしなかったから.



やってみたら,心が軽くなっていた.





書きなぐって,捨てたそのページ.





スッキリしたのか,

人に対して優しくしたくなったし,

彼に対してイライラしなくなった気がする.







彼にイライラしてたんじゃない.

本当は,彼の中に自分の欠点を見つけて,

それにイライラしていたんだよね.





その欠点を持っていた過去の自分に,

”寂しかったんだね”,”そんな風に思っていたんだよね”

って,ひとつひとつの気持ちを受け入れていったら,

いつの間にか,彼のその欠点も,不思議と受け入れることが出来そうだと思えた.







自分を受け入れることで,

相手を受け入れられるんだって.



自分を大切にするから,

相手も大切に出来るんだって.







身をもって,実感できたから.

今は,自分の気持ちに寄り添うことが前よりもできるようになったと思う.





わたしもOK.

あなたもOK.







大切なことだけ,シンプルに.





ああ,読むのが楽しみだな.

読んだら,わたしはどんなことを感じるんだろう.













「幸せな人だけが知っているシンプルな生き方」





3月26日に発売です*



アマゾンでも買えるようですよ^^









読んだらまた,シェアしたいな♪













おやすみっすー*









JUGEMテーマ:読書

【 Book 】 comments(1) -
MOON BOOK
評価:
岡本 翔子
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,620
(2015-09-19)

こんにちは!
tomyuです(*´ω`*)



この時期、来年のスケジュール帳をどうしようか〜とざっくり考え始めます。

基本的に買ってみるものの、案外使わない私。


・・・それでもたまーに、ないと困ったりするんですよね、これが。

一応、社会人ですし。笑



毎年、シンプルなスケジュール帳を選んで、ノート代りに使ってはいたんですが、

今年は本屋にて「お!」と思い、MOON BOOKにしてみました(´∀`)!




去年くらいからかな?月の動きからスピリチュアルなことへの関心が高まり、

自分でもいろいろ調べたり、メルマガやブログを読んだりしてたんだけど☆



これなら今の月が何座にあって、さらにどんなことを意識すればいいかもわかるので!!

自然の流れに沿って生きることができるかな〜と(^O^)



使っていくのが楽しみなスケジュール帳です♪


・・・スケジュール帳としてというか、開く回数は明らかに増えそうですし!笑





そんなわけで、今夜はヨガです。(全然関係ない。)



 
JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:スピリチュアル
【 Book 】 comments(0) -
スピリチュアルかあさん

ちゃす!
tomyuです(´∀`)



今日はお休みー♪

年下クンち軽く掃除して、整体へ行って、
久しぶりに自分でお昼ご飯作って、
自分ち本棚の整頓して、ブックオフへ売りに行って、
この本をGETして、いま感想を書きます。



本屋さんに並んでいる時にも気になっていたけど、
今日手に入れるチャンスがあったので、購入(^O^)

一作目も今度買ってみようと思います!


わたしはコッチから読むことになったけど、
趣旨が分かるから、コッチからでも全然読めます♪


内容もスピリチュアルなことだけじゃなく、
生きている上での大切な気づきも教えてくれます。

当たり前だと思っていることでも、
そういえば、ってハッとなります。


このタイミングに、読めて良かったなって思う(*゚▽゚*)


前世療法にも興味があるから、受けてみたいな〜♪♪







JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:スピリチュアル
【 Book 】 comments(0) -
SAKI本
評価:
西本 早希
宝島社
¥ 1,512
(2015-02-26)

こんにちは!
tomyuです(*´ω`*)


友達のオススメで知った西本早希さん。
インスタグラムもよく見させてもらってます♪

そんなさきさんのスタイル本!!
”さきさんのかわいい”が詰まった、まさにSAKI本(´∀`)

ファンには絶対に嬉しいし、読み応えのある内容だと思います♪



・・・それにしたって、かわいいなあ(*´`)!!

凛とした強さ、しなやかさ。
それでいて、かわいい。

最高ですよーー(*´ω`*)www



毎日を楽しく、そして、周りの人を大切に。

そんな当たり前なことでもなかなかできなかったりするけれど、
それを全力で体現しているさきさんの生き方に、

そして、”わたしってこういうこと”って表現できるさきさんを、

本当に尊敬するし、憧れます(*゚∀゚*)!!



これからも、こっそり参考に・・・
そしてこそっと応援しています!!




JUGEMテーマ:読書
【 Book 】 comments(0) -
アラサーちゃん
評価:
---
---
---
()

評価:
---
---
---
()

目をつけていましたとも!!
「アラサーちゃん」!!(*´ω`*)

念願の壇蜜さん主演の映像化もめでたいっ☆彡
楽しみすぎます〜〜(´∀`)ww

もう、なんてゆーかね!
女のリアルがここにありますww
あ〜、こういう盛り上がり方をしてるのは、
私たち付近だけじゃなかったんだw・・・って。ふふ。

ま、すべてが当てはまるわけじゃあモチロンないけどね!

著者がAVに出演された方ってのもあるのか、
わかりやすくていい、くどくない!
あけすけなんじが、臨場感たっぷり。
なんかね言いづらいことも、スパッと言い切ってくれる感じ。
ブラックジョークが、妙に心地よいです。

さすがにココなんでこのエピソードに共感!!とは書きにくいけど、
読んだら「くすっ」ってなっちゃう4コマ漫画です。
貸した友達も、途中まで読んでったけど「くすっ」ってなってたww

さ!
女の子も、男の子も、話題作りにもなる「アラサーちゃん」、
ぜひ手にとってみてください〜〜(^O^)!!



JUGEMテーマ:漫画/アニメ
【 Book 】 comments(0) -
オンナ
読みだすと止まらない!
この本の中には、”わたし”がいっぱい!

あらゆる角度で女を切り取っているこの本は、
どの章を読んでも、見憶えがある。。。
これはいつのあたしなんだろうって、感じ。
そのくらい身近。
でも目を当てたくない、真実。

オトコにとっては狂気だろうなあ。

女ってきれいで、かわいいだけじゃ、もちろんない。
内に秘めたコンプレックスや、トラウマがあったりするから。
それがたまに顔を出すんだよね。
気づかないようにフタをするけど、時には向かい合わなきゃいけない女の裏側。
・・・いや、裏じゃないな。
それも、それで表。

女という生き物が気になる方。
こんな気持ちはわたしだけ?って思う方。
ぜひ、この本を開いてみてほしい。




JUGEMテーマ:読書
【 Book 】 comments(2) -
エロスのお作法
評価:
壇 蜜
大和書房
¥ 1,260
(2013-04-12)

檀蜜さん、女性としてその存在が気になりませんか?
別にすっごいファンとか、そういうんじゃなくても、
テレビに出た時に見る、あのゆったりとした”檀蜜時間”というか、
動きがゆっくりで、言葉遣いも丁寧で、おっとりしゃべるあの感じ。
エロっていうか、普通に素敵じゃないですか?

あの雰囲気だから、何を言うんだろうって耳をつい傾けちゃうし。
ベラベラしゃべらないからこそ、あの壇蜜さんの表情が生きていると思う。

頭、いいんだろうけど。

そんな感じで気になって、「へー、檀蜜って本書いてるんだ」って思って買ってみたのがこちら。

「エロスのお作法」って言っても、タイトルがただ過激にしてあるだけで、
内容は檀蜜さんがこれまでの経験から得た”こうなんじゃないかしら?”って男女のイロハ本。
恋愛指南っていうよりかは、”よかったら役立てて”みたいな。
押し付けてない感じの優しさがあります。

だから「え〜それってどう?」っていうのもあれば、
「あー分かる、そうだよね〜」っていうのもあるし。
「わかっちゃいるけど、やってないね〜」って反省するところも多々あり。

男性を喜ばせることに素直な壇蜜さんを、ちょっと尊敬。

あたしはグラビアでもないし、そういう男性相手の仕事をしてないけど。
それでも世界の半分はオトコだし、喜んでもらうためのコツっていうかポイントは知っておいても損はないよね。

男性に張り合うんじゃなくて、甘えて頼りながらも、たくましく生きる。
蝶々さんのもそんなこと言ってたような。

現代に生きる女性だからこそ、エロスのお作法は知っておいたら生きやすくなるのかも。

案外さらっと読めるので、おすすめです。



JUGEMテーマ:読書
【 Book 】 comments(0) -
人肌ショコラリキュール
毎日のお風呂の中での読書タイム。
そこで一話ずつ、こっそりと楽しんでいたのがこの”人肌ショコラリキュール”。

女の甘さ、切なさ、疼き。
思い当たるところ、ある、ある。

個人的には最後の ふるえる口蓋 のストーリーが自分と重なって。
オンナいる男を好きになって、そして決別していく。
その中で、男の彼女が妊娠するんだけど・・・

ああ、あの妻帯者の彼に、子供が出来たら・・・ってついつい考えちゃて。
考えただけでも結構落ち込みそうなのに、
実際にありえる出来事だから、覚悟しなきゃなあ・・・。
その前に、その彼から卒業できてるといいんだけどっ(´д`)。。。


それはさて置き。

自分とは遠くない、恋の物語。
全く同じではないにしろ、女なら似たようなことを経験したり、感じているはず。
そんなふっとした、そこにいたような身近さを感じるリアルさです。

女の生態がお好きなら、オススメです。
そしてわたしと同じようにいろんな恋を感じたい方にも。



JUGEMテーマ:読書
【 Book 】 comments(0) -
下ネタの品格
ふっと本屋に立ち寄って、つい手にとってしまった本。笑

男友達と飲んだり、一緒に帰ったりすることが多かったせいか、学生の頃からたまに振られる下ネタ。
純情ぶって怒ったり、恥ずかしがったりもなく、ただ素直に応じてたな〜。
結構オープンに答えてたし。
それが、女心を知るって面で男友達の役に立ってるんだろうし。
もちろん、あたしにとってもだけど。

内容の中で、男の草食系が増えてるとか、女のワイ談の方がすごいとかあったけど。
そうなんだよね、実際。
自分がロールキャベツ女子だからなのか←
ぐいぐいくる、またはガツガツしてるメンズって、自分と比べてもやっぱ少ないと思う。
性に対して淡白な男って、セクシーじゃないし。
ロマンスも生まれないじゃん!って思う。

当たり前に女同士のワイ談は、男には絶対聞かせられないし。笑
引かれること、間違いなしww
100年の恋も冷めるでしょうね( ̄▽ ̄)w
少なからず男は女に夢みたいもんだろうしね。


下ネタの品格というタイトル通り、文学を通して、歴史を通して、またその人の価値観を通して、性の流れや下ネタを考えることのできる本。
男女や、性について関心があったり、小説とか読解するのが好きな人にとってはツボだと思います!
わたしはかなり楽しめたし、「へ〜!」って箇所がいくつもあって面白かったよ。


ぜひ、なにかの片手間に( ´ ▽ ` )



JUGEMテーマ:読書
【 Book 】 comments(0) -
| 1/7 | >>